抜け毛のアドバイザー 正しいヘアケア



抜け毛のアドバイザー

脱毛症の種類 抜け毛

脱毛症と一口にいっても、男性型脱毛症、脂漏性脱毛症、円形脱毛症、産後脱毛症、老人性脱毛症、薬物脱毛症などといろいろな症状があるのです。

男性型脱毛症は、額(ひたい)から頭頂部(頭のてっぺん)にかけて髪の毛が薄くなる状態です。
これは、男性ホルモンのテストステロンというものが原因らしく、頭髪の成長を妨げているというのです。

脂漏性脱毛症は、皮脂によって引き起こされた湿疹が原因となる脱毛症のことで、この湿疹がひどくなると、かゆみが出てきたりフケが異常に増えたりしてきます。
更に症状が悪化すれば、毛根から毛が抜け落ちてしまうのです。

円形脱毛症は、その名の通り髪の毛が円形に抜けてしまう症状で、特徴としては突然誰にでも起こり得る可能性があるということです。
⇒ 自然に治るケースが多いといいます。

この原因としては、特にストレスなどによる心理的な影響が強いといわれ、それ以外にもアレルギーや病的な要因がある考えられています。

産後脱毛症は、女性だけのもので妊娠中に女性ホルモンの変化が原因で起きる脱毛症のことです。
妊娠中は、女性ホルモンが盛んに分泌されるので、毛髪の寿命を延ばすことが原因になります。

どういう事かというと、本来は抜け落ちるはずの髪の毛が抜けなくなるので、それが出産後はその女性ホルモンの分泌が通常に戻るために、今まで抜け落ちなかった毛が一気に抜けるかならんですね。

老人性脱毛症、薬物脱毛症はどちらも読んで字の如くなので、説明は割愛させていただきます。

以上のように、それぞれの症状によって原因は異なってきますので、症状と原因をしっかり理解しておくことで、抜け毛の対策も変わってくるというわけですね。